2006年02月12日

アンドリュー NDR114

★★★★☆
ロビン・ウイリアムス

愛する心など、プログラムされていないはずだった…。
感じたい、抱きしめたい、涙を流したい―。
もしも僕がただの機械なら、この思いはどこから来たんだろう?

そう遠くない未来のある日。郊外に住むマーティン家に届いた荷物は、父親のリチャード・マーティンが家族のために購入した家事全般ロボット"NDR114"(ロビン・ウイリアムス)だった。最新鋭の機能をもちながらも、礼儀正しく、どこかアナログ感も漂わせるせるこのロボットはアンドリューと名付けられた。
アンドリューの主な仕事は、彼が"リトル・ミス"と呼ぶ末娘の子守。その仕事を通して、いつしか機械が持つはずのない個性−感受性や創造性を見せるようになっていく。マーティン家の人々の成長と老い、そして死を見守りながら、世代を越えた絆で結ばれていくアンドリューだったが、自分が人間とは決定的に違うがゆえの孤独を感じ、本当の人間になりたいという夢を持つようになるが…。
(公式サイトより)

http://www.sonypictures.jp/archive/movie/andrew/

心が洗われる。
ロボットが人間になりたいと思う意味を通して、人間とは、愛とは、死とは…などなど、人として大切なことを改めて考えさせられる感動作。
そして、ストーリーもさることながら、アンドリューというロボットの表情が素晴らしい。
映画の前半は、アンドリューは全身金属に覆われている。
このロボットの金属の顔が、眉や目の微妙な動きで、実に豊かな表情を見せてくれるのだ。
後半では人間と同じような姿に進化したアンドリュー。
つまり、ロビン・ウイリアムスはロボットスーツ無しでロボットを演じるのだが、これがまた絶妙な表情で、アンドロイドらしさを出している。
金属のロボットから人間のような姿になる過程も、まったく不自然ではなく、少しずつ人間に近づいていく様が、ビジュアル面でもとても丁寧に作られている。
私はロビン・ウイリアムス出演の映画がとても好きなのだが、これはそのなかでも上位の作品だ。
posted by yukari at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(SF/ファンタジー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

スチュアート・リトル

★★★☆☆
ネズミ(声:マイケル・J・フォックス)
ジョナサン・リップニッキー

リトル家は理想的な家庭。やさしいパパ、ママ、幼い一人息子のジョージ(ジョナサン・リップニッキー)、猫のスノーベルの四人家族で、ニューヨークのビルの谷間に立つ、小さな、ちょっと古風な家に暮らしている。幸せいっぱいの家族だけれど、弟をほしがっているジョージのために、リトル夫妻は養護施設に養子をもらいに行く。
養護施設に着いたリトル夫妻は、元気がよくてかわいい子供たちがあんまり大勢いるので、迷ってしまう。「どの子を見ても素敵・・・」ふたりでため息をついていると、下の方から声がする。「素敵なのはあなたたちの方だよ。お互いがかけがえのない家族なんだね。」
声の主を探すと、ふたりの間に小さな白いネズミがすわっている。こうしてスチュアート(声マイケル・J・フォックス)に出会ったリトル夫妻は、その賢さと家族に憧れるいじらしさに、いっぺんで彼を気に入り、養子にもらい受ける…。
(公式サイトより)

http://www.sonypictures.jp/archive/movie/stuartlittle/

これは、アメリカで昔から親しまれてきたお話しだそうだ。
人間の家庭の養子になったネズミ。その家の息子ジョージは、はじめはネズミを弟と認めようとしない。飼い猫のスノーベルも、ネズミがご主人様の家族になるのは面白くない。
数々の困難を乗り越えて、ネズミのスチュアートが本当の家族になっていくまでをコメディータッチで描いている。
お子ちゃま映画と侮るなかれ。大人でも充分楽しめる。

スチュアート・リトル

とくに、猫好きな人にもおすすめ。
リトル家の飼い猫スノーベルの友達モンティが最高におかしい。
猫を飼ってる人ならこの面白さがわかるはず。
posted by yukari at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(SF/ファンタジー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

★★★★☆
ジョニー・デップ
オーランド・ブルーム
キーラ・ナイトレイ
ジェフリー・ラッシュ

カリブ海の港町ポートロイヤル。
総督の娘エリザベス(キーラ・ナイトレイ)は、子供の頃に父の船に乗っていたとき、海で遭難していた少年ウィル(オーランド・ブルーム)を助け、その少年が持っていた黄金のメダルを今でも大切に身につけていた。
ある日、町はキャプテン・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)率いる海賊たちに襲われ、エリザベスを黄金のメダルとともに連れ去った。
エリザベスに思いを寄せるウィルは、彼女を救うために一匹狼の海賊ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)と手を組み、エリザベスの救出に向かう。
バルボッサとその手下たちは、「永遠に死ぬことを許されない」という呪いをかけられ、月の光の下でその忌まわしい姿をさらしていた。
そして、その呪いを解く鍵は、エリザベスが持つ黄金のメダルとウィル自身の生い立ちにあることを知る・・・。


ディズニーランドの人気アトラクション「カリブの海賊」の映画化。
ディズニーランドに行ったら、とりあえず一番最初に乗るのがこれで、遊び疲れて休憩がてらにもう一度乗ったりするのもこれ・・・というぐらい、大好きなアトラクションなので、アトラクションの各シーンがちゃんと再現してあったのには感激!
ストーリーはいかにも海賊映画という内容だけど、その単純さがシンプルでいい。
そして!ジョニー・デップの変な海賊役が一番の見所。
悪者なのかヒーローなのか、得体の知れない男として登場する最初のシーンから、もうこのあぶない男に魅せられて、本来のヒーロー役であるオーランド・ブルームがかすんでしまってた。
続編も楽しみ。
Yo!Ho! Yo!Ho! a pirate's life for me
posted by yukari at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(SF/ファンタジー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

エイリアンVSプレデター

★☆☆☆☆
サナ・レイサン

ついに実現した2大モンスターの激突! かたや、SFホラー映画の神話的シンボルとなったエイリアン、対するはSFアクション映画代表の戦士のプレデター。ともにこの宇宙で最強・最悪の存在が、地球上で対決。しかし、どちらが勝っても……人類に未来はない。
(公式サイトより)


エイリアンもプレデターも、それぞれ名作だと思うんだけど、バケモノだけを持ってきていい映画になるとは限らない…。
そんなこと、ちょっと考えればわかることなんだけど、ついつい期待しすぎて「なんじゃこりゃ!?」状態に…。(^_^;)
ま、こういうのは、こんなもんでしょう。
期待が大きすぎた相方はがっかりしてました。(笑)
posted by yukari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(SF/ファンタジー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。