2006年02月15日

抱擁

★★★★☆
グウィネス・パルトロウ
アーロン・エックハート
ジェレミー・ノーザム

ブッカー賞を受けた女流作家A.S.バイアットの『Possession』の映画化作品。
19世紀を代表する詩人、ランドルフ・ヘンリー・アッシュ。その没後100年を記念する展覧会がロンドンで開催されていた。その頃、アッシュの特別研究員であるローランド・ミッチェル(アーロン・エックハート)は、図書館でアッシュの蔵書の中から、妻以外の別の女性に宛てたと思われる手紙の草稿を発見する。「愛の詩人」と言われたアッシュではあったが、その私生活にロマンスの噂は無く、「女嫌い」ではないかとさえ思われてきた。そのアッシュの手紙としては、この発見はそれまで語られてきた定説を覆すものであった。
ローランドは、その手紙に書かれた静かだが熱い情熱を感じる文面に非常に興味を持ち、独自に調査をすすめるうちに、手紙の相手がフェミニズム詩人として知られたクリスタベル・ラモットであることをつきとめる。
ラモットの子孫であり研究家のモード・ベイリー(グウィネス・パルトロウ)に協力を求め、このふたりの詩人のスキャンダルについて、本格的な調査を開始する。
誠実な妻との穏やかな生活と送っていたとされたアッシュと、恋人である「女性」と暮らしていた女流詩人ラモットの、100年前の秘められた関係を共に探っていくうちに、ローランドとモードもまた、その情熱につき動かされるかのように、お互いに惹かれ合っていった…。


このタイトル(邦題)に、このパッケージデザインなので、「いかにも」な文芸ラブロマンスだと思っていたけれど、これはそんな一言で片付けるべき作品ではなかった。もちろんベースは恋愛モノではあるが、謎解きあり、ヒューマンドラマありと言ったいろいろな要素を含んだ不思議な作品で、ただロマンスに胸をときめかせて観るだけの作品ではない。
19世紀と現代を行き来しつつ展開されるストーリーは、無理なく、ごく自然に流れていて、そのテーマである「大人の男と女の深い愛」についても、とても興味深く描かれている。
美しいヨークシャーの風景も素晴らしいし、キャストも絶妙。
全体的にバランスの取れた素晴らしい作品。
posted by yukari at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(恋愛/青春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

ラブアクチュアリー

★★★☆☆
ヒュー・グラント
コリン・ファース
キーナ・ナイトレイ

・英国首相と秘書の恋
・最愛の妻を亡くした男と妻の連れ子である息子
・言葉が通じない女性に恋をした作家
・夫に浮気された妻と夫
・2年7ヶ月密かに思いを寄せていた職場の同僚
・老いぼれロック歌手とマネージャー
・親友の新妻を密かに想い続けていた男
・アメリカ娘をナンパするために渡米する少年
・代役俳優同士の恋
男女の恋愛に限らず、それぞれのいちばん大切な「愛」がアンサンブル形式で描かれている。

http://www.uipjapan.com/loveactually/

物語の舞台はクリスマス頃のロンドン。
日本では、2004年のバレンタインの時期に公開されたので、
クリスマス映画というよりは、バレンタインシーズンの恋愛映画というイメージだ。
9つのドラマは、どれも心温まる愛の物語。
おとぎ話のような恋愛もあれば、ごく身近にありがちなお話しもあり、そのどれかに多くの人が共感できるはず。
重いテーマのエピソードもあるが、どれも軽いタッチでさらりと描かれているのも魅力。
posted by yukari at 01:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(恋愛/青春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブリジットジョーンズの日記〜きれそうな私の12ヶ月〜

★★★☆☆
レニー・ゼルウィガー
コリン・ファース
ヒュー・グラント

前作で最高の恋人マーク(コリン・ファース)と出会ったブリジット(レニー・ゼルウィガー)。あれから6週間と4日、ラブラブな毎日を過ごし、今まさに人生はバラ色…のはずだった。
弁護士のマークは、あのいい加減なダニエル(ヒュー・グラント)とは違って、真面目で誠実で申し分のない恋人。縞のトランクスをきちんとたたんでベッドに入るクセさえも愛しい。
ところが、愛するが故に、ちょっとしたことで不安のどん底に陥ってしまうのもよくある話で、同僚のあの美しい女性はなんなの?私との将来をどう考えているの?と、ついつい言わなくていいことを言ってしまう。そんな些細なすれ違いは、やがて大きな溝になり、ついには彼を失うことに…。

http://www.bj-diary.jp/

今回のブリジットは、レニーの役作り(?)もさらにパワーアップして、冒頭のシーンから大迫力。
ただ、私はこのマークという男の煮えきらなさや、真面目すぎるところが、あまり好きではなくて、いい加減だけどブリジットのことはほんとに好きらしいダニエルの方が男として魅力を感じるので、ストーリー的にはちょっと…。
でも、ブリジットのキャラクターにはとても共感できるし、ラブコメディーとしての面白さは抜群で、大好きな映画ではある。今回も大笑いしてきました。
posted by yukari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(恋愛/青春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブリジットジョーンズの日記

★★★☆☆
レニー・ゼルウィガー
ヒュー・グラント
コリン・ファース

ブリジット・ジョーンズ(レニー・ゼルウィガー)、ロンドンの出版社に勤める32歳。
独身。ヘビースモーカー。酒飲み。太り気味。
「今年こそ10キロやせる」「素敵な彼氏を見つける」と誓いを立て日記をつけ始める。そんな彼女の前に、プレイボーイの上司ダニエルと、堅物だがヤリ手の弁護士マークが現れた・・・。

http://www.uipjapan.com/bridgetjones/

ブリジットという架空の女性の日記として、95年にイギリスの新聞のコラムに連載されたものの映画化で、「世界中のOLが共感した」という宣伝文句がついている。
私はもうOLでもないし独身でもないけど、ふたりの男とのゴタゴタはさておき、ブリジットの日常には共感し、笑った!
まるで自分を見ているよう。
「今年こそやせる!」「たばこをやめる!」と言いながら、その努力をするわけでもなく、彼から「ありのままの君が好き」といわれて、結局最後まで太ったまんまだった…なんて。(笑)

そして、劇中に流れる音楽も、私の年代には懐かしい80年代のポップスで、その選択に思わずにんまり。
パジャマ姿でひとりで酒を飲みながら、「オール・バイ・マイセルフ」を熱唱しているシーンは映画の予告編で見て笑った人も多いはず。
posted by yukari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(恋愛/青春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

トゥー・ウィークス・ノーティス

★★★☆☆
サンドラ・ブロック
ヒュー・グラント

「お金なんか関係ない! 納得のいく仕事をしたいだけ」
そんな信念と正義感に燃える弁護士ルーシー(サンドラ・ブロック)。
理想家肌の「できる女」ルーシーは、ひょんなことから、不動産会社の御曹司にして広告塔、ハンサムだが軽薄なジョージ(ヒュー・グラント)の下で働くことになる。
半年もたたないうちにルーシーは、優柔不断で流されやすい性格のジョージのネクタイ選びから離婚訴訟調停まで面倒を見るはめに・・・。
「こんなことをやるためにこの会社にいるんじゃない!」とキレたルーシーは2週間後に辞めると宣言。やがて後任の女性弁護士が採用される。ジョージに対して野心たっぷりのセクシーな彼女を見ていると、なぜか心がざわつくルーシー。
一方ジョージも、自分のもとを去るルーシーに、これまで感じたことのない感情を味わっていた・・・。
(公式サイトより)


ハーバード卒の敏腕女弁護士に、超リッチでしかもハンサムな御曹司という、現実離れした主人公のふたりだが、なぜだかとても親近感が持てる。
ジョージの我が儘に振り回され、こんな男大嫌い!と思いながらも仕事には手を抜かず、完璧にジョージの指示をこなすうちに、いつのまにか食事の好みからプライベートな諸々のコトまで、彼のすべてを理解するルーシーと、彼女なしでは着ていく背広も決められないジョージ。
よくある世話女房タイプの女性と手の掛かるオトコのカップルだ。
そして、サンドラ・ブロックの「仕事はできるが恋はダメダメ」な女がとっても魅力的で、しかも笑える。
この作品は、サンドラ・ブロック演じるこの女性を見るだけで充分楽しめた。
posted by yukari at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(恋愛/青春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10日間で男を上手にフル方法

★★★☆☆
ケイト・ハドソン
マシュー・マコノヒー  

アンディ(ケイト・ハドソン)は人気女性雑誌のライター。
次号の企画で、恋愛の逆ハウトゥもの「10日間で男を上手にフル方法」を、自ら体験して記事にすることを命じられる。
まずは、その実験台にするオトコを探すために、今NYで一番ホットなバーに出かけてナンパに励むアンディ。
そんなアンディーに向こうから声をかけてきた男がいた。
広告代理店勤務でハンサムなベン。彼は、新しいクライアントであるダイアモンド会社の企画を担当させてもらうために、社長と賭けをしていた。それは、10日後に開かれるダイアモンド会社のパーティーに、今ここでナンパした女性を恋人にして連れてくる・・というもの。10日後、その女性が本当にベンを愛していたなら、今回の企画を任せるという社長の提案に自信満々で挑むベン。
かくして、別れるわけにはいかない男と別れなければいけない女の、10日間の熱いバトルが始まった・・・。

http://www.uipjapan.com/10days/

NBAの試合観戦中いいところで「のどが渇いたから飲み物買ってきて。」と、わがままを言う。
彼の部屋をぬいぐるみや観葉植物やピンクの便座カバーで飾り立ててマーキングする。
ペアルックをプレゼントする。
彼の母親に勝手に電話して仲良くなる。
男友達だけで遊んでいる彼のところに押しかける。
などなど、その他にも恋愛中やってはいけないことが満載で、「いる、いる。こんな女。」と思わず笑ってしまう。また、それに振り回されてヘロヘロになる男の姿も爆笑&涙もの。
あの頃ペニーレインとのケイト・ハドソンが、知的でスマートなNYのワーキングウーマンと、恋愛下手のダメ女を見事に演じているのも好感が持てる。
期待以上におもしろかった作品。
posted by yukari at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(恋愛/青春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

パッチギ!

★★★★☆
塩谷瞬
沢尻エリカ

グループ・サウンズ全盛の1968年京都。
府立高校と朝鮮高校は激しく対立していた。
ある日、府立高校の松山康介(塩谷瞬)は、この敵対する朝鮮高校に親善サッカーの試合を申し込みに行くことになる。
そこで康介は美しい少女キョンジャ(沢尻エリカ)と、彼女が奏でる美しい曲「イムジン河」に心奪われる。
康介はキョンジャと親しくなりたい一心で、ギターで「イムジン河」を練習し、朝鮮語を学び始めるが、彼女は朝鮮学校の番長の妹だった…。


私は1962年生まれなので、この物語は私より少し上の世代の人たちの話だが、京都生まれ京都育ちの私にとっては、なんとなくだがこの時代のことは覚えているし、対立の構図は私の時代にも、そして現代にも根深いところで残っている。
この映画のように簡単に溝が狭まるようなことではないこともわかっているつもりだ。
実際に、在日の人との恋愛を親に反対されて、別れなければならなかったカップルも身近にいた。
とくに、古い京都の人間は「この映画よかったよ」と言っても、
「ああ、あれでしょ?私はいいわ。」と半ば拒否反応に近い反応をする。
(京都の人間は韓流ドラマですらあまり好きではない)
実は私も見る前はそうだったのだけど…。
しかし、見てみると案外素直に受け入れられた。
どうしてだろう?
あまりに純粋な高校生達の姿に圧倒されたのか…。
京都人が誇るあの時代のフォークに絡めたストーリーだったからか…。
とにかく、見終わる頃には爽やかな感動すら覚えていた。
井筒監督は、頑なな京都人の根性を少しだけ溶かすことができたのかも。(笑)

続きを読む
posted by yukari at 23:08| Comment(2) | TrackBack(4) | 映画(恋愛/青春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

白いカラス

★★☆☆☆
アンソニー・ホプキンス
ニコール・キッドマン

1998年、アメリカ・マサチューセッツ州。
名門大学の学部長をつとめるコールマン・シルク(アンソニー・ホプキンス)は、ユダヤ人として初めて古典教授の地位にのぼりつめた権威ある学者であったが、講義中に発した「スプーク」のひとことが、黒人学生に対する差別発言だと非難され、辞職に追い込まれてしまう。その知らせにショックを受けた妻は、心労からあっけなくこの世を去ってしまい、彼の栄光に包まれた人生が一瞬にして崩壊してしまった。
そんなコールマンが出会った若い女フォーニア・ファーリー(ニコール・キッドマン)は、義父の虐待、ベトナム帰還兵の夫レスター(エド・ハリス)の暴力、そして子供の死という悲惨な過去を背負っていた。
住む世界が違いすぎる彼女との交際を、「危険だ」と忠告する友人。しかし、もはやフォーニアなしでは生きられなくなっていたコールマンは、強い口調で反論する。「これは私の初恋でもないし、最高の恋でもない。でも、最後の恋なんだ」と──。
(公式サイトより抜粋)

http://www.gaga.ne.jp/white-crow/

上記のあらすじだけ読めば、「老いらくの恋」を扱った熟年ラブストーリーのようだが、この物語の本筋は主人公が持って生まれた人種問題を軸として、戦争によるPTSDや性的虐待や自分の不注意で子供を失った母など、それぞれの人間が隠し持っている「汚れ」である。
ところが、この重いテーマのストーリーにもかかわらず、老人と美しい女の恋の部分が目立ちすぎて、テーマが散漫になってしまっているのが少し残念という評価が多い。
ただ、それならそれで、見る側が興味を持った部分を楽しめば良いと思うので、私のような中年女にとってはやはり「老いらくの恋」の描写が興味深かった。美しい女に溺れる年老いた男、バイアグラに頼ってでも彼女とのセックスに癒しを求める。彼女もまた、不釣り合いなほど老いた男に不思議な安らぎを覚える…。これはふたりが抱える心の奥の「汚れ」があるからこそではないか。そのあたりの男と女の心情はなんとなくだけどわかる気がする。
大物俳優を集めすぎてただのスター映画になっているという意見も多いが、私はこのキャストじゃなかったら見なかっただろうな…。
posted by yukari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(恋愛/青春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

恋は邪魔者

★★★☆☆
レニー・ゼルウィガー
ユアン・マクレガー

1962年のニューヨーク。
「心を奪われるような恋なんて、女性の人生には邪魔者!」という、当時の女性にとっては革新的な生き方を提唱する本を書いて、一躍ベストセラー作家になったバーバラ・ノヴァク(レニー・ゼルウィガー)。
一方、「女性はみんな素敵な男性との恋と結婚を求めている!」と主張する超プレイボーイの人気ジャーナリスト、キャッチャー・ブロック(ユアン・マクレガー)。
相反するふたりが、お互いの主張を覆そうと恋の罠をしかけたりしかけられたり…。
水と油のふたりの恋のかけひきを、60年代スタイルに徹底的に拘った映像と音楽にのせて描いた、とってもお洒落なラブ・コメディ。

http://www.foxjapan.com/movies/downwithlove/

とにかく素敵!
60年代風のキュートなファッション、ミッド・センチュリーのモダンなインテリア、随所に流れる60年代のジャジーな音楽、これだけでも見る価値がある。
ストーリー自体には目新しさも意外性もないが、スタジオに建てられたセットと壁にペイントされた窓の外のニューヨークの夜景の前で演じられるというのが、かえってその古くささが良い。
まるで本当に60年代に作られた作品のように、あらゆる面で細部まで拘ったある意味とても贅沢な作品かもしれない。
エンディングでは、レニー・ゼルウィガーとユアン・マクレガーの歌と踊りでミュージカルシーンも見られる。
posted by yukari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(恋愛/青春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

恋愛適齢期

★★★★☆
ジャック・ニコルソン
ダイアン・キートン

ハリー(ジャック・ニコルソン)は、レコード会社を経営する63歳の独身富豪。30歳以下の美女としかつきあわない彼は、新しい恋人マリン(アマンダ・ピート)とともに、ハンプトン・ビーチにある彼女の母親の別荘へやって来た。
そうとは知らずに、妹のゾーイ(フランシス・マクドーマンド)と週末の別荘を訪れたマリンの母親エリカ(ダイアン・キートン)は、突然あられもない姿で現われた‘娘のボーイフレンド’に思わず絶句!
さらに厄介なことに、ハリーは急な心臓発作に倒れ、大騒ぎで病院に運ばれたあげく、エリカの別荘でしばらく療養することになる。
娘のマリンは街に帰り、病人の世話をするのはエリカ。
病人らしからぬ傍若無人な振る舞いに、穏やかな生活をかき乱されたエリカは我慢も限界寸前。
そんなハリーとは対照的に、彼の担当医となったジュリアン(キアヌ・リーブス)は、元々有名な劇作家であるエリカの熱烈なファンだったこともあり、一目でエリカに恋をしてしまう。だが、20歳近くも年下のジュリアンからの告白にエリカはうろたえるばかり。
一方、そんなエリカを見て心穏やかでいられなくなっていたハリー。エリカもまた、ひとつ屋根の下で暮らすうちに見えてきたハリーの意外な内面に気付く。果たして3人の恋の行方は・・・。


もどかしいストーリー展開&強引な結末だけど、それがかえってリアリティーを感じる。この年齢で純粋な恋に落ちると、きっといろんなことを考えて・・・、考えて考えて考えすぎて、わけのわからない素直じゃない行動に出てしまうだろうな・・・なんて。
若くないふたりの愛の描写は、おもわず納得したり笑ってしまったり。
ジャック・ニコルソンはおしりを出し、ダイアン・キートンもオールヌードを一瞬だが披露。
この豪華なキャストの贅沢なラブコメディーは、あと15年経ったらもう一度見てみたい。
posted by yukari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画(恋愛/青春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

コールド・マウンテン

★★★☆☆
ニコール・キッドマン
ジュード・ロウ
レニー・ゼルウィガー

たった一度の口づけで、互いが運命の相手だと知ったインマン(ジュード・ロウ)とエイダ(ニコール・キッドマン)、南北戦争によって引き裂かれた2人は、堅く心に誓い合う。インマンは、命を賭けてエイダの元に帰り着くことを。エイダは、何があっても彼の帰りを待ち続けることを…。
(公式サイトより)


壮大なスケールの至高のラブストーリー。
21世紀の「風と共に去りぬ」。
…などというキャッチコピーが付いているが、本来私はこういう作品はあまり好きではない。高尚な文学作品は私には敷居が高すぎるので…。
しかし、無知というのは怖ろしいもので、キャストのふたりの女優さんが結構好きなので、そんな作品だとは知らずに見てしまった。
ところがこれが意外にも面白かった。
こういう作品に「面白い」という評価は適切ではないのかもしれないが、引き裂かれた恋人達の純愛はさておき、離ればなれになってひたすら待ち続けるヒロイン・エイダの、深窓の令嬢から強い女へと逞しく成長していく過程や、彼女を支えたルビー(レニー・ゼルウィガー)の生き生きとしたキャラクターがとても興味深かった。
重くなりがちなこういった作品を、このキャストがうまく万人向けに仕上げているのではないかな?
最後まで退屈せずに見られた。
posted by yukari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(恋愛/青春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

ディボース・ショウ

★★★☆☆
ジョージ・クルーニー
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

クルーニーが演じるマイルズ・マッシーは、ロサンゼルスで活躍する離婚訴訟専門の弁護士。
セレブなクライアントを数多く抱える彼は、どんな不利な裁判も逆転勝訴に持ち込むことで知られる凄腕の持ち主だ。
かたやゼタ=ジョーンズが演じるマリリンは、離婚によって財産と自由を手に入れようと目論むキレモノの美女。不動産王の妻の座におさまった彼女は、結婚当初の目的どおり、夫の浮気の証拠をガッチリつかんで離婚に持ち込む作戦を実行に移す。
かくして、法廷でぶつかりあうことになったふたり。
夫側の弁護人となったマイルズは、証人席で涙を流すマリリンの名演技に大苦戦。かと思いきや、隠し球証人の登場によって形成は一発逆転。財産狙いの結婚であることがバレてしまったマリリンは、夫から1セントももらえずに路上へ放り出されることになる。
が、それは、ふたりの戦いのほんの始まりにすぎなかった…。
(公式サイトより抜粋)


デキル男とキレル女、成功への野心は誰にも負けないふたり。
二転三転する形勢、どんでん返しの連続が面白い。どうせ離婚するなら、ここまでやってみたいものだ。…って、これはお金持ちと結婚した場合のお話。しがないサラリーマンの妻には関係ないか。(^_^;)
でも、それほど話題になった作品ではないので、あまり期待はしていなかったけど、なかなか面白かった。
離婚問題に奮闘中のアナタにはとくにおすすめ。(笑)
posted by yukari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(恋愛/青春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。