2006年04月24日

マッハ!!!!!!!!

★★★★☆
トニー・ジャー

タイ・ノンプラドゥ村という小さな村で、村を災いから守るという神聖な仏像の首が盗まれた。
僧侶から古式ムエタイを学んだ孤児のティンは、村人の希望を一身に背負い、仏像の首を奪還するために単身バンコクへと旅立つ。
バンコクで彼を待ち受けていたのは…。

http://www.mach-movie.jp/






1. CGを使いません
2. ワイヤーを使いません
3. スタントマンを使いません
4. 早回しを使いません
5. 最強の格闘技ムエタイで戦います
っという宣伝文句につられて、公開当時、初日に見に行った。
当たり!だった。
主演のトニー・ジャーは、172cmという小柄な体に、織田裕二風な愛嬌のある顔。
どこにでもいそうなアジア人の青年だが、
アクションシーンでの鋭い眼差しと、美しい程の筋肉美が、圧倒的な魅力を放っている。
若い頃のジャッキー・チェンを彷彿とさせる生身のアクション。
一対一のバトルも、路地を駆け抜けながらの連続技も、
どれもわくわくドキドキで、昔のアクション映画が好きな人にはたまらないはず。
これを見たら、見た目だけ美しいイケメン俳優をワイヤーで釣ったり、
CGで加工したりする作り物のアクションなんかもう見られない!(笑)

トニー・ジャー
1976年2月5日バンコク郊外スリン生まれ。本名パノム・イーラム。ジャッキー・チェンに憧れて武術の練習を始め、15歳でアクション映画“Kerd Malui”(84年/監督・主演:パンナー・リットグライ)に出会い、ほどなくパンナーに師事。高校に通いながら、ロケーションに同行。雑用係からスタートし、照明助手チーフになる。高校を卒業後、体育大学に進学し、テコンドー、ムエタイ、棍棒、剣術や体操を学ぶ。
(公式サイトより)
【関連する記事】
posted by yukari at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(アクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16965091

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。