2006年03月12日

東華菜館

060312a.jpg四条大橋西詰め、南座の対岸に建つ古めかしい洋館は、大正15年、ヴォーリズの建築による。
竣工当時は洋食レストランだったそうだが、現在は中華料理店の老舗としてあまりにも有名。
魚介類などをモチーフにした凝った装飾の玄関を入ると、右手にあるエレベーターに乗って5階のダイニングへ案内される。このエレベーターは、古い映画で見かけるような蛇腹の柵の扉のクラシックなもの。80年前の姿のまま、お客様を異空間へと運ぶタイムマシンのように今も動き続けている。
5階の食堂は至ってシンプルで、気楽に食事を楽しめる雰囲気がとても居心地が良い。



今回食べたのは、↓こちらのコース料理。

060312b-01.jpg
種々前菜の盛り合わせ

060312b-02.jpg
カニ入りフカヒレスープ
揚げもの二種

060312b-03.jpg
海鮮と白アスパラの炊き合わせ

060312b-04.jpg
海老の唐辛子炒め

060312b-05.jpg
鶏肉の甘酢香味かけ

060312b-06.jpg
水餃子

060312b-07.jpg
餡入り揚げ餅

060312b-08.jpg
季節の果物

このほかに、単品で玉子春巻きも頼んだのだけど…
060312b-09.jpg
コースだけでもお腹いっぱいで、食べきれなかった。

どのお料理もとてもいいお味で、とっても美味しかった。
サービスも、さすが老舗だけあって行き届いているし、
建物や立地がいい雰囲気を出しているので、お腹も気分も大満足。

食べきれなかった玉子春巻きは、
お土産用に包んでもらいました。
060312c.jpg

東華菜館
京都市下京区四条大橋西詰
11:30〜21:30(L.O.21:00)
【関連する記事】
posted by yukari at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都・飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14669741

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。