2006年03月08日

クラッシュ

クラッシュ
http://www.crash-movie.jp/

★★★★☆
サンドラ・ブロック
ドン・チードル
マット・ディロン


ロサンゼルス、24時。ハイウエイで起こった1件の自動車事故が、思いもよらない「衝突」の連鎖反応を生み出し、さまざまな人々の運命を狂わせていく…。
刑事たち、自動車強盗、地方検事とその妻、TVデレクター、鍵屋とその娘、病院の受付嬢、雑貨屋の主人。
さまざまな階層の、さまざまな人種の彼らは、予想もしない角度で交錯しながら、愛を交わし、憎しみをぶつけ合い、悲しみの淵に立たされる。
神の見えざる手によって人生を翻弄される人間たち。
ロサンゼルスの36時間の中で沸騰する、彼らの怒り、哀しみ、憎しみ、喜び…。
(公式サイトより)


オスカー作品なので、一応見ておこうか…という感じで見てみた。
人種差別を扱った難しい、暗い、重い…映画だろうと覚悟して見に行ったのだが、
それほど重苦しくなく、テーマがシンプルで見易い映画だった。
いろいろな人種、いろいろな立場の13人の登場人物のそれぞれのエピソードは、
怒りや憎しみでたがいにぶつかり合う。
そして、それはやがて優しさに変化したり、さらに深い悲しみに襲われたりと、
関わることもなかった者同士が「衝突」することで、何かが変わっていく。
多人種、根深い差別問題などの「よその国」の話ではなく、
日本の現代人にも訴えかけるものがある。
posted by yukari at 08:27| Comment(0) | TrackBack(2) | 最近見た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14407303

この記事へのトラックバック

press@blog
Excerpt: ? 「ミリオンダラー・ベイビー」の製作・脚本でアカデミー賞にノ ミネートされ、一躍注目を集めた俊英・ポール・ハギスの監督 デビュー作。 昨年5月の全米公開と同時に有力メディアから..
Weblog: テレビ依存症男日記
Tracked: 2006-03-08 19:43

映画のご紹介(135) クラッシュ
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(135) クラッシュ-ぶつかりあって、 ぼくたちは、 わかりあっていく。 ..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-05-27 15:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。