2006年02月14日

ショコラ

★★☆☆☆
ジュリエット・ビノシュ
ジョニー・デップ

フランスの小さな村に、不思議な女ヴィアンヌとその娘がやって来てチョコレートの店を開いた。
そこはとても厳格で超保守的な村。
禁欲を強いられている村人たちは、彼女の甘美で魅惑的なチョコレートに魅了され、戸惑いながらも少しずつ心を開いていく・・・。


チョコレートは人間の欲望。
ときには抑えきれない欲望を解き放すことも人生に潤いを与える・・というテーマらしい。
ま、小難しいストーリーではないし、
美味しそうなチョコレートの芳醇な香りが漂ってきそうなスイートな映画。
なによりも、変な人じゃない正統派男前役のジョニー・デップがかっこよかった〜〜〜。
posted by yukari at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ヒューマン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。