2006年01月22日

トスカーナの休日

★★★☆☆
ダイアン・レイン

サンフランシスコの女性作家フランシス(ダイアン・レイン)は、夫の浮気が原因で離婚する。
傷ついたフランシスを元気づけるため、友人のレズビアンカップルが、イタリア・トスカーナへの旅をプレゼントしてくれた。
その旅でフランシスは「運命の出会い」をする。
それは、魅力的なイタリア男性…ではなく、ブラマソーレ(太陽に焦がれる者)という名前を持つ築300年の古い家だった。
その家を衝動買いしたフランシスは、サンフランシスコには戻らず、トスカーナで暮らすことを決意して、この古い家の修復に明け暮れる。
やがてフランシスは、愛すべきイタリア人たちとの関わりの中で、紆余曲折はあるものの、傷ついた心を少しずつ癒し、大切な家族と幸せな生活を手に入れる…。

http://www.movies.co.jp/tuscan/

中年女性の第二の人生。
もちろん、自立できるだけの仕事を持った女性の話ではあるが、言葉も通じない街で、もう一度一から新しい生活を始めるというのは、中年主婦にとっては憧れではある。
もし、私が、家族を失いひとりぼっちになることがあれば…、もしくは、ロト6の1等賞金が当たったら(笑)、こんな風に人生を再スタートさせてみたいと思う。
ダイアン・レインほどの美貌があれば…の話ですが…。(^_^;)
posted by yukari at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ヒューマン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。